睡眠障害の原因と対策方法

睡眠障害の原因と対策方法

睡眠障害の原因

 

睡眠障害の原因には、「心理的原因」、「身体的原因」、「精神医学的原因」、「薬理学的原因」、「生理学的原因」等が挙げられます。心理的原因は、何らかのストレスを抱えているということが考えられます。眠れなくなったときの前後に何か出来事があったか考えて根本原因を解決したり取り除くという対策を考えましょう。身体的原因は、外傷、関節リウマチ、湿疹、蕁麻疹、喘息発作、頻尿、花粉症などがあり、病気を治すことで睡眠障害も改善される場合が多いです。精神医学的原因とは、不安や抑うつです。憂鬱な気分が続いて眠れないときには、メンタルクリニック、精神科などの専門医を受診してみましょう。

 

薬学的原因とは、服用している薬、アルコール、カフェイン、ニコチンなどが原因で起こります。薬の場合、抗がん剤、自律神経や中枢神経に効く薬、ステロイドなどです。服用している薬、飲酒、喫煙、カフェイン摂取の習慣の有無を確認しましょう。コーヒーや紅茶やドリンク剤にはカフェインが多く含まれています。生理学的原因は、海外旅行の時差ぼけや昼夜逆転などがあります。
ライフスタイルが変わると眠ろうとする機能が低下して睡眠障害を引き起こす場合があります。就寝前には証明を落としたり、朝日を浴びるなど光のコントロールやリラックスを考えましょう。

 

眠れない

 

病院で処方される睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系もしくは、非ベンゾジアゼピン系です。
ベンゾジアゼピン系は、「ハルシオン」など以前からよく処方されている睡眠薬です。また、非ベンゾジアゼピン系は、「マイスリー」など比較的新しい睡眠薬です。どちらも、病院やクリニックで処方されるような薬は、用法を守って飲んでいれば依存性は少ないと言われています。依存してしまう場合、高齢で薬がうまく排泄されない、アルコールとの併用で副作用が増強してしまうというケースがあります。
また、睡眠薬を飲んでも眠れないからと言って、自己判断で数を増やしてしまうと、どんどん薬を増やしてしまい、依存症になる可能性があります。睡眠薬依存症は、薬物依存症の一種のことを言います。

 

睡眠薬の服用で得られる精神的、身体的な作用を求めるようになり、自分の意思では服用をコントロールできなくなる状態を言います。睡眠依存になると、服用をしないと強い不安感を覚える離脱症状を起こしてしまう精神疾患です。統合失調症、うつ病、不安障害などの睡眠薬を医師から処方されている精神患者に多かったり、不眠改善の市販薬を常用しているひともなりやすいといわれています。

 

続きを読む≫ 2015/03/27 13:02:27
ホーム RSS購読 サイトマップ